私たちに関しては...

Reinhard Margelischは2007年にスイスでデザインスタジオprodis-design GmbHを設立しました。

彼の将来の仕事の基礎として、彼は将来のビジネスを休めるべき4つの柱を定義しました。 彼のビジネス哲学には、社会的責任、生態学的側面、経済的に効果的な製品、創造的開発の機会が含まれます。 これらの柱は、将来のすべての作業を進める上で必要不可欠なものです。

デザイナー - デザイナーになった経緯

Reinhard Margelischは、ベルン大学で経済学と政治学を学ぶ前に、ニューヨークでインテリアデザインインターンシップを行いました。彼が今日も伝えているように、彼にとって非常に形成的な時期です。若い頃、建築家や芸術家のような創造的に働く人々の新しい世界が彼に開放され、以前の考え方が揺さぶられました。

スイスに戻って彼は学び始めました。ベルンの邸宅でスタジオで彫刻を作って資金を調達しました。また、彼の研究、金融業界で彼を魅了しました。彼は8年にわたり投資ブローカーとして彼の最初の会社を設立しました。

彼が夏の夜に車にぶつかったとき、決定的な転換点が生まれました。二重脚骨折では、彼は大きな不動の中で9ヶ月間の自己反映に多くの時間をかけました。彼の行動における意味の問題は、彼を占領し始めた。彼は新しい海岸に出発したいと考えていました。

4つの柱が自分のために定義されて、彼はインドへの3ヶ月の旅に着手しました。インドの南にあるケララ州では、群衆、騒ぎ、そして浪費に圧倒され、デリーに到着しました。デリーで何かを無駄にするという考えは彼を放棄しなかった。デリーに戻って一週間の列車の旅で、彼は廃棄物の材料の袋を作りたいと思った。 1つの連絡先が次の連絡先につながったので、数日後に小さな工場に立ち寄った。

ここで彼は5人で構成された工場を引き継ぎ、バッグ製造のためにそれをセットアップして拡張することに決めました。 2007年に、彼の最初のバッグブランドVARGUのために礎石が敷かれました。ブランドVARGUの基材は廃棄物のタイヤチューブになりました。

VARGUはバリエーションと議論を意味するので、名前を付けて4つの柱が統合されました。

2009年、彼は委託作品として始まったブランド7cloudsを設立しました。 7cloudsは今日、シンプルなデザインのターポリン(ボート・ターポリン)を革の用途と組み合わせたものです。ここで焦点となるのは、剛性のある素材の成形とディテールワークの愛です。

MARGELISCHというブランドは、2010年に革新の挑戦と大きな学習環境を開いた革製品の強い意欲を持っていたため参加しました。 Reinhard Margelischはいくつかのブランドを作りました。なぜなら、彼は異なる素材で遊びたいという欲求から、それぞれのブランドが自分の顔をしたいと思っているからです。

2016年の終わり以来、生産拠点は皮革生産に直接結びついているため、ブランドの全生産はKalkuta(インド)で行われています。これにより、原材料および製品開発の最適なトレーサビリティが得られます。

生産についての詳細...

私たちの周り...

私たちの製品開発の基盤となる4つの柱に基づく姿勢は、常にビジネスプロセス全体に適応しようとしています。 私たちの行動を生産からチーム、小売業者、エンドユーザーに伝えることが重要です。 公正な取引は、したがって、バリューチェーン全体の焦点です。

Ja, ich möchte - widerruflich - Informationen zu Ihren Produkten per E-Mail erhalten.